むちうち

有名な後遺症というと「むちうち」があり、痛みや痺れの残る神経障害です。診察を受けると、頚椎捻挫、腰椎捻挫、外傷性頸部症候群などと呼ばれることもあり、むちうちは病名ではありません。むちうちでの後遺症の等級は局部的な場合の14級、そして局部に強く残る12級があります。

むちうち14級として認定されるには、自覚症状に連続性があり、一貫性がないとなりません。被害者の状態が故意でないと証明するためにも、定期的に通院する必要はあります。納得のいく認定を受けるならば、通院し、医師に症状をしっかりと伝えていきましょう。12級として認定されるには、まずは、痺れなどが交通事故が原因であることです。別の原因や加齢による物ではないかと言われないためにも、事故後すぐに病院に行って、診察を受けましょう。さらには、症状が医学的に証明できないとなりません。

交通事故の後遺症の中でも、むちうちはもっともポピュラーであり、後遺症として発症しやすいです。しかしそのために、加齢など他の原因でないかと疑われることも多く、通院し医師に症状をしっかり伝える必要があります。または継続して通院する必要もあるかもしれません。むちうちは等級認定を受けるのが難しい後遺症です。